なぜあの人はガチャを何度も回しちゃうの?ついつい回し続けてしまう理由とは

IMG_0828

「あの人ってなんであんなにたくさんガチャを回しちゃってるの?」

あなたも似たようなことを感じたことはありませんか?
私もスマホゲームをやっていて、過去に同じように思っていました。

しかし、ガチャの景品にどうしても欲しいアイテムがあった時、
私もガチャを回してしまったのです。

その額はなんと10万円分!!


その程度か・・・と感じた人もいるかもしれませんが、
財布の紐が固くガチャを回したことがない人から見れば信じられない額ですよね。

私も最初は最大でも2万円くらいでやめておくつもりでしたが、
「もう一回だけ!!・・・もう一回だけ!!!」が何度も続いて、気がつけば・・・


そう、ガチャには一度回すと止まらなくなってしまう不思議な力があります。
その不思議な力の正体、それは「損失回避の法則」と呼ばれる人間の心理です。


損失回避の法則とは?

損失回避の法則とは何か?簡単に説明するならば、
人は何かを得ることより、何かを失うことを嫌がる傾向にあるということです。


●質問1
①勝負せず、確実に5万円貰える。
②確率50%で勝てる勝負で勝ったら10万円貰える。
どちらか選択してください。

こうしたとき、多数の人が①を選択します。
②を5万円の損失と感じてしまい、その損失を回避しようとしてしまうから。


●質問2
①勝負せず、確実に5万円失う。
②確率50%で勝てる勝負で負けたら10万円失う。
どちらか選択してください。

逆に、こちらの質問の場合は②を選択する人が多いのです。
①は確実に失い、②は失わない「かも」しれない。


このように、人間は「得るより失わないことに積極的」です。


損失回避の法則がガチャとどう関係しているか

損失回避の法則を踏まえて、人がガチャに対してどう感じているかを推測すると、
ガチャを回したことがない人ガチャを回してしまった人とで差が出ることがわかります。


●視点1:ガチャを回したことがない人の気持ち
「ガチャを回して確実に欲しいモノが手に入るならいいんだけどなぁ。
お金払って、欲しいモノが出てこなかったら元も子もないよなぁ。」


この損失を避けようとする考え方がガマグチをなかなか開いてくれません。
一般的に考えてこちらの方が冷静な考え方ですね。


●視点2:ガチャを回し続けてしまう人の気持ち
「あー、ガチャ回してみたけどダメだった!1万円失っちゃったよ・・・
いや、次に欲しいモノが当たれば元が取れるかもしれない・・・!」


この考えに陥ったらガチャは止まりません。回し続けます。
ただ、この人も既に支払ってしまったお金の損失を避けようとしているのです。


つまり、運営側はプレイヤーにガチャのトリガーを何度か引かせることでリピートを促します。

無料ガチャは運営が一緒にトリガーを引いてくれるサービスであり、
それで欲しい景品が当たった時にプレイヤーは

「自分ってガチャ運あるかも・・・?」

と感じて、自分でトリガーを引くようになるわけです。
あとは損失を回避する意識が働き、欲しい景品が当たるまでループします。


ガチャを回したことがない人の気持ちに共感ができる人ほど損失を回避する傾向にあるため、
そういう人ほど一度トリガーを引いてしまうとガチャの底無し沼にハマってしまうかもしれません。
10万円まで支払ってしまった私がその一例です。
(ちなみに、欲しい景品は当たりませんでした・・・)


ついつい回す癖を無くすためには

ガチャを回し続けるスパイラルに陥ってしまった人は、
次回のガチャの景品が更新されたとき、また限界までガチャを回しかねません。
ガチャは当たってしまうと満足感が出るので中毒になります。

「別に自分のお金だし、自由に使ってもいいじゃん!」

おっしゃる通りです。こう感じている人に対策は必要ありませんが、例えば
家族がいる状況で夫や妻がガチャにハマってしまい生活に支障が出てしまうようなら対策が必要です。


対策案はいろいろありますが、
その1つとして「クレジットカードによる支払いをやめる」という方法があります。

ガチャを回し続けて、チケットが無くなるとクレジットカードでのチケット購入を促してくるゲームがあります。
促されるままにOKボタンを押してパスワードを入れればすぐにチケットが手に入り、
そのまま延々とガチャを回し続けることが可能です。

この機能はガチャの回転を加速させる要因のひとつになっています。
そのため、クレジットカードの登録を解除しておけば延々と回し続ける行為を抑制できます。

クレジットカード払いをやめて、プリペイドカードでの支払いにすれば、
プリペイドカードを買いにいくのに手間がかかったり、現金を支払う実感が湧くため、効果が出るのではないでしょうか?