【ポケモンサンムーン】発売前に振り返る我がポケモン人生【予約・購入可】

どうも、”せばすん”と申します。
2016年11月18日に「ポケットモンスター サン」と「ポケットモンスター ムーン」が発売されますね。

ちょっと前まではカルドセプトというゲームをやってきたのですが、次はポケモンサンムーンかなーと思っています。
もし余裕があればブログでも、ポケモンの役立つ情報だったり、育成論だったり紹介していきます。


せばすんのことをよく知らないって方も当然いらっしゃるでしょうから、
まずは自己紹介をして、それから私が歩んできたポケモン人生をご紹介します。


一緒にポケモンやろうって方はこちらから予約・購入できます。




自己紹介

名前:せばすん(♂)
分類:くちさきポケモン
タイプ:はがね/いわ
高さ:175cm
重さ:68kg
特性:いしあたま


ブログで語ることは理屈っぽいことばかりで、口先だけは達者で決してゲームはうまくない。
ゲームセンスの無さは誰にも負けないが、それでもゲームは大好き。
相棒ポケモンはボスゴドラで、頭が硬いところだけはよく似ている。

我がポケモン人生

せばすんのポケモン人生について全てを語ろうと思います。
長いので、つまらなそうなところは飛ばし飛ばしでどうぞ(笑)

ポケモン緑



せばすんがポケモンを始めてプレイしたのは小学2年生の頃。(だったと思う)
手に取ったのはゲームボーイのポケットモンスター緑。

友人のY君と一緒にプレイしていて、セーブデータを消しては何度も四天王をクリアしているようなプレイヤーでした。
Y君はコツコツレベルをあげて、ピジョットだのカメックスだのギャラドスなど…どんどんレベルをあげていって。

Y君「ケンタロスめっちゃツエーから!!」

なーんて言ってたのを覚えています。


一方せばすんはレベル上げが大嫌い。
レベル上げはニビシティの100レベルの裏技を使い、マスターボールは手にいれるなりタマムシシティの裏技で増殖させるクソ野郎でした(笑)


そして、せばすんはレベル上げの嫌いさに磨きがかかり、「いかにレベル上げをせずにクリアするか?」という謎の縛りを自分に課すドMプレイヤーになっていたのです。

当時ポケモン緑をクリアする時間は大体7時間くらいだったでしょうか。
今のプレイヤーにとっては全然たいしたことないスピードなんだとは思いますが、当時小学生の私にとってはかなり早い方だと思っていました。

せばすんはその後も別のゲームでも何かしらの縛りやこだわりを持ってプレイするゲーマーに成長していきます。
当時ロマサガ2にもはまっていて、そちらも低レベルクリアとか目指してました。

ポケモン黄



次にプレイしたポケモンはピカチュウバージョンでした。

ピカチュウバージョンは主人公の後ろにピカチュウがテクテクついてくるスペシャルなゲームです。
ピカチュウに話しかけると、ピカチュウが喜んだり拗ねたりするんだっけか…

せばすんはそのピカチュウを白い目で見ていました。
可愛いとかどうでもいいから…というゲームのシステム重視の考え方だったんです…

今考えると、マジで可愛くない小学生だと思います(笑)

ポケモン銀



小学生高学年になり、時代はポケモン金銀の時代に。

当時はポケモンスナップやポケモンスタジアム、スマブラなど64がめちゃくちゃ盛り上がっていましたよね。
私は64持ってなかったのでポケモン銀を買ってプレイしていました。

けど、これがまた面白くて、緑をやってた時代よりもずっと楽しかった覚えがあります。


その時代は友人のH君がすごくやり込んでいて、キングドラだのハッサムだのいろいろ持ってました。

H君「バンギラスTUEEEEEwwwwムウマもいいよな!」

と言っているところ、せばすんはノコッチで四天王に挑んでいました。


ポケモン銀はポケモン緑よりもボリュームがあり、ストーリーも面白くて、今でも素晴らしいゲームだったなーと振り返って思います。
中学生の頃にも何度か掘り返してプレイしていたのを思い出します。

ちなみに、この頃はまだロマサガ2にハマっており、セーブしようとするとバグってセーブできないほど遊びました。
そして新たにスーファミのカセットを購入して、30回くらいは全クリしてたと思います(笑)
はい、アホですね。

ポケモンサファイア



次に出たゲームボーイアドバンスのサファイアですが、5個目のバッチを取ったあたりでやめてしまいました。

ルビサファってよく「名作」だとか「一番好きだ」とかって話をよく耳にしますが、残念ながら私はルビサファについて語れません。
後述しますが、オメガルビーも途中でやめてしまっています。

ポケモンダイヤモンド



ダイヤモンドは大学時代に従兄弟に借りてプレイしました。
容赦なくデータを消して最初からやりました(笑)

正直なところ、あんまり思い出には残っていませんが、四天王がみんな強かった印象です。
もちろんこの時もなるべく低レベルでクリアを目指していたので…

特に手強かったのはゴヨウのドータクンとシロナのガブリアス。
ドータクンはコツコツダメージを与えていったのに回復されるという絶望を味わった覚えが…
シロナのガブリアスについては全ポケモンが先制されてドラゴンダイブをぶちかまされるという…

そこだけは熱くなって対策して何度もやり直してクリアした覚えがあります。
ただ、一度プレイした後はハマり続けることもなく…

しかし、このゲームをプレイしたとき同時にハマっていたニコニコ動画でとあるポケモンの実況プレイ動画に出会います。

もこう先生

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、バトレボの「厨ポケ狩り講座」という実況プレイをしていたのがもこう先生です。
ちょっと荒くれた性格な方ではありますが、せばすんにポケモンの醍醐味を教えてくれた先生であることには間違いありません。

「なんやこの厨パァッ・・・!」

でお馴染みのこの実況シリーズのおかげでせばすんは「個体値」「努力値」という隠しステータスについて初めて知りました。
その日から私はポケモンソウルシルバーを買い、本気でプレイすることに。
大学の授業はそっちのけで一日中ポケモンの構成を考えている始末…留年ギリギリです(笑)


もこう先生の動画を見ながら「なるほどー」と勉強しながら、せばすんもマイナーなポケモンを愛するようになっていき…

出来上がったパーティーがこちら。

せばすんHGSSのお気に入りパーティー
fd0d81ec
sa2hara.com

ロマサガ2が大好きだったので、七英雄をコンセプトとしたパーティーになっています。
★がついた技は七英雄の技を意識しています。(ネタがわからない人は置いてけぼりスタイル)

当時は乱数を使わなかったので2Vがザラです。

・ストライク(ノエル)3V1U
役割:最速AS物理アタッカー
持ち物:きあいのタスキ
技:つばめがえし★、カウンター★、でんこうせっか、きしかいせい

カウンター型は珍しく、警戒されることが少ないのが強み。
タスキで一撃は耐えてくれるので、初手安定でスピード物理アタッカーを狩ってくれたり、つばめがえし+でんこうせっかで敵タスキポケモンにも強い。
HPが1残った時はきしかいせいをぶち込んで退場していくにくいやつです。

・ランターン(スービエ)3V
役割:HCD特殊受け
持ち物:たべのこし
技:なみのり★(メイルシュトローム)、ほうでん、まもる、どくどく

当時のマイナーポケモン代表といっていいでしょう。
もこう先生のエリート受講生と呼ばれた”おえかき”さんというプレイヤーが使っているのを見て一目惚れしたのがランターン。
ランターンの安定感はブラック&ホワイトまで健在でした。

・マタドガス(クジンシー)2V
役割:HB物理受け
持ち物:くろいへどろ
技:10まんボルト、だいもんじ、おにび、いたみわけ★(ソウルスティール)

ランターンでは受けられないガブリアスを始めとする地震持ち物理アタッカーを安定して受けてくれるポケモン。
げきりん読みボスゴドラ交代でロックカットしてからのれいとうパンチが鉄板でした。
覚える技もギャラドスに対抗できたり、鋼ポケモンに対抗できたり便利です。

・ネンドール(ボクオーン)2V
役割:CS特殊アタッカー
持ち物:こだわりスカーフ
技:だいちのちから、れいとうビーム、リフレクター、トリック★(マリオネット)

相手にとっては壁張り役にしか見えていなかったのでしょう。
挑発を誘ってトリックしたり、補助技しかないポケモン、再生持ちポケモンの役割を潰します。
当時人気だったグライオンにも強かったポケモンです。

・リザードン(ワグナス)2V
役割:CS特殊アタッカー
持ち物:マジカルハーブ
技:エアスラッシュ★(ウィンドカッター)、ねっぷう★(熱風)、ソーラービーム★(太陽光線)、みがわり

みがわりでもうかを発動させる型。
ストーンエッジ持ちに身代わりを貼ることで回避してからのソーラービーム反撃でアドバンテージが取れる運ゲー要素持ち。
エアスラッシュでの怯みに助けられたことも…

・ボスゴドラ(ダンターグ)3V
役割:AS物理アタッカー
持ち物:いのちのたま
技:もろはのずつき、じしん、れいとうパンチ、ロックカット

当時マイナーポケとして流行っていたエテボースが初手に出てくることが多かったので、ねこだまし読みで安定して出すことができました。
その後、交代している間にロックカットをして130族を抜かしてもろはのずつきで全狩りを狙う型です。

特性いしあたまがあるので、いのちのたまを持たせていろいろと一撃で葬り去ります。
当たらなかった時はチーン…ですが、パーティーの軸となった相棒。
ポケモンの構成は全てこのボスゴドラのためにあると言っても過言ではないです。



当時のDS通信対戦はマッチングシステムがなく、掲示板で友達コードを交換試合ってバトルしていました。
6対6でポケモンは見せ合わないので、裏にどんなポケモンが控えているかわからなかったんですね。

このパーティーはマイナーなのが多いながら、ちょうど100戦して60勝という、そこそこの成績を収めてくれました。
ラティオスだけは苦手だったなぁ…(笑)

ポケモンブラック



そんなこんなで、まともにポケモンをプレイするようになったせばすん。
この調子のままポケモンブラックを発売日に買い、やりこみます。

ただ、レートにはそこまで潜らず、ランダム対戦に明け暮れていました。(レートは前述したパーティーで最大1680程度でした。)
トレーナーカードの色が勝敗数で変わるシステムでしたが、ブラックカードになるかならないかくらいまでやってた気がします。

当時も乱数は使っていませんでしたが、普通に6Vフカマルをたまたま孵化させた思い出があります(笑)
まぁ、このときはまだマイナーポケモンばかり育てていたので、ボックスで眠っていましたが…


その後に出たブラック2はほとんどやり込まず。
…半端ですね。

ポケモンY



次に購入したのが3DSのポケモンYです。
社会人ホヤホヤでしたが、こちらもそこそこ真剣にやりましたね。

この頃からガチポケも使うようになりました。
ガブリアスやらバンギラスやら…

過去作で乱数も使うようになりましたね。
ソウルシルバーのサンダーをラブラブボールで捕まえたりもしました(笑)

ポケモンオメガルビー



そして次に購入したオメガルビーですが、またもや途中でやめてしまうことに…(笑)

言い訳になりますが、仕事が忙しかったのと別のオンラインゲームにはまってたので…
ポケモンって結構過酷な作業が必要でしたし、満足するくらいやりこむにはやっぱり時間が必要だったんですね。

ルビサファとは縁がないです、ほんと(笑)
(ただし相棒はボスゴドラ)

ポケモンサンムーン



そして最新作のポケモンサンムーンです。

どちらを取るか今も尚迷っていますが、サンにしようかなーと思っています。
なんとなくフラダリ感が漂っているので…(生粋のフラダリアンなんです)

いやー、グダグダ長くなりました。
毎度つまらないブログ記事を書く私ですが、こんなにつまらなくて長い記事は初めてですね。
飛ばし飛ばしでも読んでくださったあなたは本当に心優しい。


この文章で伝えたかったのは、「この程度のゲーマーだよ」ってことなんです。
廃人様には申し訳ない程度のレベルですが、初心者から見ればそこそこやってるゲーマー。
そんな感じ。

たまーにポケモン記事も更新していきたいので、もしGoogle検索して見つけたら楽しんでいって欲しいな。
ってことで、せばすんのポケモン人生をお送りしました。

せばすんが影響を受けたポケモン動画

せばすんが影響を受けたポケモン実況配信者をご紹介します。

もこう先生

この人がいなかったら私は今頃ポケモンをやっていません。

ポケモンはゲームだけでなくビジネスやマーケティングなども教えてくれた人生の教材だと思っています。
そのゲームの本質に気づかせてくれたもこう先生はせばすんにとって偉大な人物なんです。

動画でも何度も笑わせていただきました。
本当に素晴らしいクズです。

こちらが伝説となった「バトレボ実況・厨ポケ狩り講座」です。



厨ポケ狩り講座も最初はそこまで面白くありませんね。
第15回あたりからはかなり面白かったイメージ。
後半で失速します。

ちなみにどのくらい伝説なのかというと、こんなMADが作られてしまうくらいに伝説です。



このMAD動画は秀逸ですね。
もこう先生の数々の名シーンが蘇ります。

おえかき

先ほどもちょこっと出てきましたが、もこう先生のエリート受講生です。

もこう先生主催の「もこりんぴっく・殺合祭」ではマイナーパだけで優勝した実績を持ちます。
私が今まで見てきたマイナー使いで一番センスを感じるバトレボプレイヤーでした。



プレイヤーとしてはもこう先生でなく、このおえかきさんを目指していました。
しゃべりのセンスも好きで、ポケモンについてもいろいろ勉強させていただきましたし、生放送かなんかでヤミカラスの厳選あまりをいただいたことも。

まぁド変態なんですけどね。

sin

sinさんは「○○でたわむれる」という題名でいろいろなゲーム実況動画をアップしている実況者さんです。

この動画で勉強したおかげで、無事にフラダリアン検定に受かって、フラダリアンになることができました。
ぜひこれから受験したい人向けに参考にしてほしいポケモン実況動画です。



スマブラ3DSのランダム対戦でもたまたま当たって戯れていただきました(笑)
ルフレでWiiFitトレーナーに挑みましたが、かなりの接戦で負けてしまいました。
また別のゲームでも会えたらいいなー。

終わりに

ここまで読んでくださってありがとうございます。
あなたも物好きですね。

日記というかメモみたいにポケモンを振り返ってきました。

子供の頃は「ポケモン可愛い〜」なんて思ったこともなかったのですが、今では1人でポケモンセンターに足を運んじゃうくらいポケモングッズも好きです。
ハンカチとか普通に可愛いですし、メタルチャームも大人買いした経験があります(笑)


書ける時に攻略情報を書いていきますので、ぜひブックマークしていってくださいね。


予約、購入はこちらから。


よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です