ポケモンの新バトル「バトルロイヤル」で強いモンスターを考察

ポケモンサン・ムーンの新着情報で「バトルロイヤル」という新バトルシステムが追加になることが発表されました。

というわけで、新システムの内容と可能性のあるポケモンを考察していみました。

img_battle01
出典:http://www.pokemon.co.jp/

バトルロイヤルのルール

参加人数は4名で手持ちは3匹。
参加者は1匹ずつフィールドにポケモンを出して4人同時に対戦します。

参加者の誰か1人でも手持ちのポケモンがすべて倒れたら試合終了。
判定は、倒したポケモンの数と手持ちに残ったポケモンの数で行われます。


現在の情報だけでは、なみのりなどダブルトリプルで複数攻撃できた技が全体攻撃できるかどうかはわかりません。
また、天候や毒ダメージによって倒れた場合、ポイントの行方は誰になるのかも不明です。

今までのポケモンバトルとの違い

読み合いの相手が増える

今まではダブルバトルにしてもトリプルバトルにしても、人の考えていることを読む相手は1人しかいませんでした。
しかし、バトルロイヤルでは4人に増えます。

人によってプレイスタイルや戦略性は様々。
それを同時に4人対応することになるため、短時間でこれまで以上にたくさんのジャンケンをしなければならないのではないでしょうか。

共闘が起こりうる

「このままではあと1匹のプレイヤーが攻撃されて試合が終わって一位が取れなくなる!」といった状況に、癒しの波動で回復したり、一位に集中攻撃をかけるなどの共闘場面が生まれる可能性があります。

ヘイト管理

ゲーム序盤では特に重要になるであろう要素が「ヘイト管理」です。

ヘイトというのは、「憎悪」という意味です。
つまり、自分が目立ちすぎて狙われてしまう状況のことをヘイトが高いと言います。


高火力で低耐久のモンスターは狙われやすく、低火力で高耐久のモンスターは狙われにくくなるでしょう。

高火力→場に残しておくと「倒した数」を多く獲得される恐れがあるため狙われる。
低耐久→倒しやすく、攻撃側にとってポイント獲得しやすいため狙われる。
低火力→「倒した数」を稼がれにくいため、放置しておいても問題ない。
高耐久→1発や2発じゃなかなか落ちないくらいなら倒しやすい敵を狙いたい。

ポケモンにもいろいろな種類がいることを考えると、このヘイトが今誰に回っているのか、そしてゲームが始まってから終わるまでどういったストーリーでこのヘイトが移り変わっていくのかを読むことが大事になるのではないかと思います。

バトルロイヤルにおいて考えられる戦略

こんな戦略とか考え方はどうかなーという個人的意見を述べていきます。

1匹目は高耐久、2匹目以降に高火力

序盤は自分へのヘイトが高いと序盤の集中攻撃を受けかねません。
ポケモンが減っていけば、早く勝負を終わらせたいと考えている順位がトップのプレイヤーから狙われやすくなります。

この状況を避けるためには最初はヘイト低めの高耐久モンスターを出すのが得策かもしれません。
その間に相手の手持ちポケモンを暴いたり、戦況を見ながら状態異常をばら撒いたり、後半戦で勝利に繋げるように布石を置きます。

タイミングを見計らって、交換やバトンタッチで高火力ポケモンにつなぎ、一気にポイントをさらっていくのです。
地震やなみのりが全体攻撃だったら特に強そうな作戦ではないかと予想しています。

スカーフは序盤より後半?

HPが満タンの場合、”早い者勝ち”という法則は必ずしも正義にはなりません。
最初に自分のポケモンでスカーフによる先制攻撃をしてしまうと、他の誰かにかすめ取られてしまう可能性があるからです。

なので、HPが満タンの敵にはたとえ耐久の低い相手でも下手に手出しできません。
スカーフは、各プレイヤーのポケモンのHPが削れたときにこそ真価を発揮するはずです。


また、最後の1匹がスカーフの場合、順位がトップのプレイヤーより先手を取れることで状況が変化する可能性もあります。

初手のポケモンでスカーフにするのであれば、とんぼがえりやボルトチェンジを合わせて使う方がいいかもしれませんね。

先制技の有用性

おそらく先制技がかなり強いです。

「あと少しで倒せる…」といったときに、素早さやトリックルームにかかわらず、問答無用で排除できることを考えるときっと「先制技を持っててよかった…」と感じることがあるはず。

バトルロイヤルではどんなポケモンが強い?

個人的にこいつは強そうだなーってやつを挙げていきます。
断言するように書いていきますが飽くまでも推測です。

ギルガルド

高耐久で弱点保険が定番で手が出し辛い。

つるぎのまいを持っているため、誰かのHPが削れるまで舞って、タイミングのいいところで影うちでかすめとれる。
当然、その後は無防備になるのでタイミングよく狙われる可能性はあるが、フィールドへのプレッシャーや影響力はかなり強いのではないでしょうか。

メガハッサム

高耐久で高火力。

はねやすめでの回復からつるぎのまいでのブースト、テクニシャンのフェイントで通常の先制技を超える速さと、守るを問答無用で貫通してくるのは驚異。
炎が4倍なので、組み合わせによっては狙われるだろうが、それをしっかりカバーできるモンスターが控えにいればかなり強いのではないでしょうか。

スイクン

序盤に耐久型のモンスターが多かった場合でも、絶対零度で強引にポイントを獲得できる。
運が良ければ場を荒らしつつ荒稼ぎもできる。

ギャラドス&ライボルト

威嚇で物理技を制限できる。
もし、「まけんき」で攻撃力が上がった人がいても、その人自身ヘイトが高くなり狙われやすくなる。

ギャラドスに飛んでくる電気技は避雷針で受け止め、ライボルトの高い素早さから反撃で1匹は落としてこれるかもしれない。

オンバーン

素早い行動からのばくおんぱ。

もし、全体攻撃できるのであればばくおんぱも有効ですし、みがわりを無視できる点は結構強いんじゃないかと思います。
他の誰かがヘイト喰ってる間にみがわりで安全確保する人もいるでしょうし。

相手のHPが削れてきたところ終盤での活躍が見込まれるのではないでしょうか?

マッギョ

マッギョの「せいでんき」は敵にとってとても手を出しづらい。
「攻撃したら不利になったでござる」ってな状況は避けたいからである。

そして序盤でだくりゅうや放電による全体攻撃でどんどん相手の力を奪っていくのだ…
油断している耐久型には地割れをお見舞いだ!!

「バスマットかと思ったら地雷だったでござる」と後悔してからでは遅い…

手を出しづらいのに逆転の手も持っているマッギョ、是非お勧めしたい。
くれぐれもなみのりと地震には注意してくれたまえ。

まとめ

いろいろ考えてみましたがこんな感じです。

バトルロイヤルになると高耐久高火力のポケモンは基本的に強いんじゃないかな?


だまし取り…かすめ取り…勝ち取りました!
ってな勝負になるかと思うとワクワクします。(真田丸ネタです)


まぁ推測と妄想の世界なので、早く実践してみたいですね。
ポケモンサン・ムーンのリリースが待ち遠しいです。

バトルロイヤルを意識した新ポケモンも出たりするんですかね?
うーん、気になります。


それでは、今回はこの辺で失礼します。

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です