グッドモーニングショー感想と評価!無料で見てきました・ネタバレ有

グッドモーニングショーを見てきたので感想と評価をまとめてみました。


どうも、ゆるふわゲーマー(?)せばすんです。
東京に出向いたけど友達がいなかったので独りで映画を見に行ってきました。

見に行ったのは、映画「グッドモーニングショー」です。

ちなみに私は俳優の良さも語れないですし、演出の濃さもわからないです。
ただその辺にいるライトゲーマーが感想と評価を熱く語っていきます。
ネタバレも含みますが、そんなに細かくはしません。


ちなみに、運良く無料で見ることができました。
最後の方でどうやって無料で見れたかもご紹介しますね。
いやー、偶然って素晴らしい。

グッドモーニングショーのあらすじ

news_header_goodmorningshow_201607_01
ナタリー

まずは予告動画を御覧ください。



中井貴一演じるワイドショーキャスター・澄田真吾が抱えている状況は…

①妻との関係がイマイチ。
②地雷女子アナにお互いに好きだと深く勘違いされ、妻がいると知っていながら朝のワイドショーで恋愛関係にあると(いう勘違いを)暴露しようとされている。
③朝のワイドショー打ち切りと共にキャスターも切り替えを宣告される。
④犯人の要求は「澄田真吾」←new

ちなみに、予告では明かされていませんが映画の初っ端に息子が”彼女とできちゃった”宣言があったりします。


あらすじ全てのネタバレをするのは面倒ですし、読んでる方も眠くなると思うのでポイント以外は割愛。


【予告では見えない設定は?】
朝のワイドショーの担当者たちと報道系の担当者たちが対立しています。
(若干、予告の1:55秒あたりから匂わせてますが…)

朝のワイドショー担当者は飽くまでも視聴率を求めて、グレーな報道はどんどん推し進めていき、芸能人の熱愛やグルメなどごちゃまぜなジャンルを放送する人たち。

報道系は真面目に事実のみを淡々と放送する、夜のカチカチなニュースやってる人たち。


予告ではワイドショー系VS報道系の対立についてあんまり公開していませんが、ここもかなり面白い要素です。


【どういった展開になる?】
最初は澄田も犯人の要求が自分であることを信じられずに現場へ行くのを拒んでいましたが、地雷女子アナ・小川圭子(長澤まさみ)に恋愛暴露されそうになったのを止めるため、カメラを割って「現場に向かう」と速報。

現場に行くと他局のカメラも全員澄田に集まります。(予告でいう澄田祭り)


警察は犯人の要求である澄田真吾に完全防備させ、メカオタクの中継カメラマンは特性隠しカメラとマイクを防護服に装着します。

警察と澄田は共に立てこもる犯人・西谷(濱田岳)の元へ。


そこからの展開はガンガン移り変わっていくので、あなた自身で確認してください。
後述しますが、展開の移り変わりの早さが面白さを増幅させます。


【犯人の動機は?】
やっぱり犯人の動機が一番気になってしまうのが人間ですよね。
犯人・西谷が澄田真吾を要求した動機は…

雨の日、西谷がテレビ局から出てくる澄田を待ち伏せして“封筒”の中身を読んでほしいと叫んだが、声は届かず無視されて小川と共に車に乗り去って行ったから。

人質にも笑われるような動機でした。

グッドモーニングショーの感想・評価

早速ですが、「ズバリ何点なの?」という問いにお答えします。

んー、そうですね、80点くらいじゃないですかね。

なんとも中途半端な点数ですが私的にはすごくいい点数で、面白かったです。
良かった点と悪かった点をざっくり纏めると、

【良かった点】
  1. シリアスな展開の中にブラックな笑いがあった。
  2. ワイドショーの裏ってこんな仕事なのかーって思った部分があった。
  3. 展開の切り替わりが早く、ワイドショーらしくて良い。
  4. 濱田岳、やっぱいいよね。

【悪かった点】
  1. 予想を超えるような映画ではなかった。
  2. リアリティーはなかった。

まぁリアリティーについては、私は求めていなかったので減点対象ではありません。
全体を通して不思議と緊張感があって、緊張した中に笑いがあって、泣く場面はなくて…(半端に泣かせようとしてくる映画とかぶっちゃけいらないよね)

いい映画だと思います。
ざっくりと感想を述べましたが、次はちょっと細かく評価していきます。

2種類の緊張感

シリアスな展開だとか緊張感だとかってところに焦点を絞って話します。

この映画の緊張感は2種類あります。

  1. 現場の緊張感
  2. 放送局の緊張感

現場は現場で、もちろん銃を持って人質を取っている犯人のところに攻めますから、そこに緊張感が産まれます。
犯人が立てこもっている店に入る前に弾が落ちているシーンも、緊張感を示しつつも笑いを誘ってる場面で、不思議な感覚になります。

放送局は常に新しい情報を求めていたり、ワイド系と報道系の対立がバチバチなので息が詰まります。

展開の移り変わりが早い

俗に言う「テンポが良い」とはちょっとだけ違った感覚です。

謎が解けると共に新しい「なぜ?」が出てくるので、先が気になってしまうといった感じでしょうか。
速報が入り次第、どんどん展開が進展するのはスピード勝負のワイドショーをテーマとしているからこそだと感じましたね。

加えて前述した緊張感がありますから、まず眠くなりません。
グッドモーニングショーを観る直前にカフェで時間を潰していたときにウトウトしていましたが、あくびひとつせずに見れました。

犯人・西谷を演じる濱田岳がいい

やっぱりがっくんいいよね。
こういったイカれた役は本当にハマってると思います。

今回は役者でいいなーって思ったランキングをつけるなら、

1位:濱田岳
2位:中井貴一
3位:松重豊
4位:吉田羊
5位:志田未来

ですかね。
まぁ、具体的に何がいいって聞かれると答えられないっすけど。映画通じゃないんで。

濱田岳はとりあえず見ててワクワクしますね。
中井貴一もハマり役で、コメディーにも合ってるよね。
松重豊は警察姿もお馴染みって感じですし。
吉田羊は最近ドラマ映画出すぎだし。
志田未来は制服着るよりこっちのがいいっすよね。

木南晴夏も個人的にかなり好きですが、今回は出番少なめでしたし脇役でしたね。
まぁ、報道系にしてやってガッツポーズしてるところは最高でした(笑)

その他感じたこと

ワイドショーとか週刊誌って本当にグレーなことやってるよなーって感じちゃいました。

ネット上に上がってる速報ブログみたいなのも同じようなものですよね。
視聴率とブログアクセスって似てますよね。
アクセス取るためには何だってする…みたいな(笑)

ネットによくあるうんざりするのが、「○○って何?」みたいな記事タイトルつけておいて、記事を読んでみると「調べてみたけど分かりませんでした♪」みたいなやつ(笑)
あれって「この後もまだまだ続く!」って言ってCM後にチョロっと映像流して終わるヤツににてますよね。

別にそれに対してどうこうって話じゃないけど、グッドモーニングショー見てると、その辺モヤっとしましたね。

感想・評価まとめ

グッドモーニングショーは見る価値ある映画でした。
ただ、「映画館で見るべき?」と問われるとそうでもない映画です。
家族とお茶の間で笑って見れる日を待つのもありですね。

ここではストーリーはここでは話しきれなかったので、見てみてくださいね。

以上、グッドモーニングショーの感想と評価でした。

あれ、どうやって無料で見れたの?

実は動画配信サービスのU-NEXTさんのキャッチの兄ちゃんに捕まっちゃったので、U-NEXT無料期間登録すると映画の無料チケットをくれるっていうもんで…
実質完全無料で見ることができました。

U-NEXTってのはこれのこと。



もともと良質なサービスってのは知ってたんですが、私は似たようなサービスでHuluとdTV2つに加入しているのでU-NEXTは契約していなかったんです。
晴れてトリプル契約に至ったわけですが、やっぱり31日経つ前には解約しようかなーと思っています。

キャッチのお兄さんは1人でしたし、私が声をかけられたのは本当にラッキーでした。
貧乏人に見えたんでしょうね〜。


あと知らなかったのですが、このU-NEXT、初回でポイントが600円分ついてくるんですが、それで映画の割引クーポンに変えられたりするらしい。

無料期間中にイオンシネマの500円の割引券買ったりしたらお得なんじゃね?とか。

まぁなんにせよ、こういった動画配信サービスっていいよね。
U-NEXTは特に、「デッドプール」とか「ズートピア」とか速攻で配信されて、ポイント使えば初回無料で見れるし。

あぁ、そうだポイントはデッドプールに使おう。
まだ見てないんだ。


とまぁ、キャンペーンやってる場所は限られるんだろうけど映画館でU-NEXTのお兄ちゃん見かけたらウロウロしてみるといいでしょう。