デジモンユニバースアプリモンスターズ!あれ、妖怪ウォッチに似てね?【アプモン】

デジモンユニバース アプリモンスターズが3DSで発売決定!10月からアニメも放送!妖怪ウォッチとどう似てる?


ということで、現状わかっている情報や、それについて思うことを話していこうかと思います。

ニンテンドー3DS「デジモンユニバース アプリモンスターズ」

まずは動画を見てください。


どんなゲームなの?

ゲームの根本は元来のデジモンと同じく、モンスターの育成シミュレーションゲームでしょう。
ただ世界観としては、現代私たちが利用しているスマホアプリが一つ一つ個性的なモンスターに擬態するようなイメージでしょうか。

3DSでは、別売の玩具「アプモンチップ」のQRコードを読み取って、チップに描かれたモンスターを3DSで使用できるみたいですね。

また、スマホとアプモンチップも連動しているので、3DS×玩具×スマホの3つで連動させて楽しむゲームといったところでしょうか。

ターゲット層

どの年齢層をターゲットにしているかというと、やはり小学生〜中学生が対象でしょう。特に小学生。

まず、あなたも考えているように妖怪ウォッチにかなり似ています。
アプモンチップと連動した玩具、アプリドライヴはまさにそれを彷彿とさせていますよね。


また、アプモンチップを入れたときに荒ぶった声が出てくるのは、一昔前から(3、4年前くらいからかな?)仮面ライダーやレンジャーシリーズでお決まりパターンなんですね。
仮面ライダーの変身シーンにカッコよく荒ぶった声が出てくるとか、キョウリュウジャーのナレーションとか。

アプリドライヴの声は高木渉さんが担当。
アニメ好きの人にはお馴染みさんといったところでしょうかw

アニメ「デジモンユニバース アプリモンスターズ」

アニメの紹介動画です。


スタッフに注目せよ!

注目してほしいのはシリーズの構成を行う加藤陽一氏です。

なんとアニメ「宇宙兄弟」や「アイカツ!」の脚本家なんです。
あ、あと「妖怪ウォッチ」もw

ゲームもアニメもかなり本腰であることがわかります。

ジバニャンポジはガッチモン

gatchman
出典:http://www.toei-anim.co.jp/

主人公の相棒であり、ゲームのCMでも一番目立っていたのが「ガッチモン」。

検索アプリのモンスターということで「合致」が由来になって「ガッチモン」って名前なんですね。

耳が出っ張ってるあたり猫っぽい印象でジバニャンに似通った何かを感じます。
虫眼鏡が取り付けられたヘルメットに穴掘りが出来そうな手。
素直にかわいいっすねw

歴史を感じるプロジェクト

ここからは筆者であるせばすんが感じることをベタベタ書いていきます。

クロスメディア戦略

このアプモンのプロジェクトって、ゲーム、アニメ、玩具、スマホといろいろなものを巻き込むように連動させることをめちゃくちゃ意識した作品なんですね。

やはりこれを先駆けて成功を収めているのがポケモンと妖怪ウォッチです。


ポケモンに関しては、最初はゲームに始まり、アニメが登場し、そしてキャラクターが有名になってから様々な市場に参入しています。ゲームにも名作って言われるものはたくさんあるのですが、ゲーム以外の市場で売れないゲームというのもたくさんありますよね。

例えば、ポケモンも妖怪ウォッチも起源はゲームですが、人形やおもちゃなどのキャラクターグッズがよく売れます。けど「ダークソウル」の人形とか出てきて売れるのかというと…ねw

こう考えると、ワンピースなんてのも起源が漫画というだけで、同じような成功を収めていると言っても過言ではないでしょう。


まぁ何を言いたいのかというと、ビジネスっていうのは別の市場に入り込んでネットワーク化できるものが爆発的な成功を収めるということです。
そして、「キャラクター」というものがそれぞれの世界の橋渡しをしています。

ピカチュウが有名になれば「ピカチュウの服」もできるし、「ピカチュウの食器」だってできます。
妖怪ウォッチはそのポケモンの戦略をうまく解釈して、うまく展開できたプロジェクトだったんです。


今回発足したアプモンプロジェクトですが、それらと同様にゲーム、アニメ、玩具と連動させて、そこから市場をどんどん展開していくことが狙いでしょう。それだけに力は入っています。
ただ、キーポイントはキャラクター、つまり「ガッチモン」が鍵を握ると私は思っています。

ガッチモンをどれだけブランド化できるか、個人的にはそこに注目していきたいと思っています。

ってかスマホゲームじゃないんだw

最初は「またスマホゲーかなー」って思ったんですが、そうじゃないんですね。

「アプリの数だけモンスターがいる」なんてキャッチコピーをつけられると、昔のモンスターファームみたいに、スマホアプリからモンスターを転生できるゲームなんじゃないかと思っちゃいましたw
ってか、そういうゲームにならないのかな…

結局のところは妖怪ウォッチと同様、玩具のQRコード読み取りです。
スマホアプリのID(そんなのあるか知らないけど…)読み取って…みたいなやつだとすごく面白かっただろうにw まぁそれはそれでリスクはあると思いますが…

そうなれば、モンスターファームでCDをあさるみたいに、いろんなアプリをインストールすることでアプリ市場にとんでもない影響を与えることになったんでしょう…(一旦入れたら即削除したりするんだろうけど)

まぁ、ポイントサイトとかボロ儲けでしょうねw


非現実的ですが、そんな妄想とかしちゃってました。

モンスターファーム楽しかったな。
レアモンスターが出るCDとか買ったことで好きになったアーティストもいますしね。
JUDY AND MARYとか近藤真彦とかw


まぁ、かなり話は逸れちゃいましたが、妖怪ウォッチとはそういう大きな差別化が欲しかったってことです。

終わりに

今回は「デジモンユニバース アプリモンスターズ」についてお話ししました。
評価するにはまだ早いですが、プロジェクトが大きく成功したらいいなぁと思いました。

ガッチモン可愛いし、キャラクターグッズが出るなら普通に欲しいですね。
(ポケモンのメタルチャームとか気に入ってるので…w)

今後プロジェクトが大きくいろんな市場に展開できることを期待しています。

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク