カルドセプトリボルトの新施設と新カードまとめ「司令塔」「属性石」など

カルドセプトリボルトDirectまとめpart2 ”施設”

第2回「カルドセプトリボルトDirect 新能力編」で解説された内容をpart1〜4に分けてまとめます。

カルドセプトリボルトの記事一覧はコチラ

新施設まとめ

カルドセプトリボルトダイレクトで紹介された新施設です。

ゲート

01

周回のチェックポイントとなる施設。

ステージに配置されたすべてのゲートを通過すると周回ボーナス(ゲイン)をもらうことができる。

周回ボーナス時、もしくはちょうどゲートに止まった場合は、自分のクリーチャーすべてのダウン状態を解除することができる。

目標魔力の状態でゲートに到着すると勝利となる。(既に通ったゲートでも良い)

魔法陣

02

スペルカードをコスト無しで使える施設。

ランダムで提示された2枚のスペルカードから一枚を選択して使用できる。

魔力トラップ

04

ダイス目が6以上で通過すると、手持ちの魔力の20%が奪われる。

奪われた魔力は魔力トラップに蓄えられる。

ダイス目が3以下で通過すると、これまで奪われた魔力を総取りできる。

分岐スイッチ

05

進行方向を示す施設。

通過時は矢印の指す方向を進むことになる。

スイッチのマスにちょうど止まれば、矢印の向きを変えることができる。

司令塔

07

すべての土地にクリーチャーを召喚できる施設。

空き地はもちろん、相手の領地にノーリスクで侵略を仕掛けることもできる。

宝石屋

08

属性石を売買できる施設。

高い金額を支払うことで対戦相手の持つ属性石を奪うこともできる。

属性石とは?
11

魔力で購入できる資産で、価値は状況に応じて変動する。

属性石には火、水、地、風の4種類があり、土地のレベルが上がれば対応する属性石の価値が上がり、対となる属性石の価値は下がる。

価値が上がりそうな属性石を購入しておけば利益を得ることができる。

奪い合うことができる「株」だと考えれば良い。

属性石の価値変化例
09

地属性の土地レベルを上げることによる価値の変化は

属性石(地):価値が上がる
属性石(火):価値が少し上がる(放送では地属性の半分)
属性石(風):価値が少し下がる(放送では具体的な計算値は特定できず)

前作の護符との違い
  • 奪い取ることができる。
  • 「火地」「水風」はセットで価値が上がる。
  • 対となる属性の価値が下がる。
  • 属性石1個分の価値が大きい。

今作では「火地」「水風」の複合ブックをかなり意識していることが伺える。

新カードの紹介

上述した施設とのコンボができるカードもあります。

オブリタレート
card31


自分だけ宝石屋を利用しない場合には効果抜群!
シンリュウさんも涙目ですよ。(恐らく今作はいないと思いますが…)

宝石屋がなくても使用はできますが、戦略に取り入れるのは難しそうです。

スティールジェム
card32


ランダムで一個というのが微妙なところ。
普通に奪うよりもずっと安く済むのは確かだが…

前作の護符よりも1個の価値が高いので、価値の上がっている属性石を奪えればラッキーだ。

リモートスイッチ
card33


このジジイ、ノリノリである。
アトラクションを壊すのはやめましょう。

分岐スイッチの危機回避や相手の誘導に利用できるカード。
マップによってはあると嬉しいカードであること間違い無しでしょう。

マグマフレイル
card34


ST上昇に加えて強打まで付いてくる。
前回の記事で紹介した「アームドパラディン」に持たせれば鬼に金棒である。

この攻撃対象の広さから、司令塔を利用して高額領地を奇襲されるのひとたまりもない。

ストームシールド
card35


複属性の盾。
若干コストが高めだが、1枚で2つの属性範囲をカバーできるのは明らかに優秀。

マグマフレイルの対抗策として持っておくのも良い。

ラグドール
card36


とても汎用性が高そうなアイテム。

防具ではないのでデコイ先生の巻物回避にも使えます。

ネクロプラズマ
card37


コストは高くないものの強力な巻物攻撃。
戦闘中はスケルトンになるということは、巻物強打のクリーチャーが使用しても強打が発動しないということでしょう。

まとめ

個人的な意見ですが、魔法陣と分岐スイッチはかなり面白い施設だと感じます。

逆に司令塔は「侵略可能」という点で少しやりすぎたのではないかと…(笑)
旧カードであるテレポートはさすがに撤廃されているのではないでしょうか。


宝石屋と属性石については、前作の護符以上にやり取りが難しくなりそうです。
初心者の方は、まず宝石屋のないマップからやり込んでみると良いでしょう。

カルドセプトリボルトの記事一覧はコチラ

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク