カルドセプトリボルト「ロングホーン」【マップ紹介】

カルドセプトリボルトの「ロングホーン」についてマップの紹介をします。

ようやくオンライン対戦に参戦し始めたせばすんです。


昨日ランキング戦に初めて参戦してコテンパンにされてきたところです。

今の気持ちを動画で表すとこんな感じですよ。




そして、まんまとやられたこのロングホーンを攻略したいと思ったわけです。

ただ、ロングホーンが8月4日(本日)までだという事実に落胆しているわけですが…


悔しいし、これで良くない…!!

なんとか本日1戦して勝利を手にいれたいところです。


一応ロングホーンのマップについて書き置きしておきます。


「ロングホーン」の全体図

こちらがロングホーンのマップ全体図です。(ノーマル)

スクリーンショット 2016-08-03 21.51.11
高:の土地より少し地価が高い。


「ロングホーン」の説明

ロングホーンの特徴は、名前の通り2本の角(ツノ)の先にNのゲートがあること。

この2本の角の領地が少し高額で、戦略的にも非常に重要になってきます。


角の根元

まず角の根元(画像F7とG6)の部分が一番通行回数が多く、否が応でも通らなければいけないポイントなので、ここを拠点にすることが重要になります。


ただ、初期状態で複属性の土地となっているため全プレイヤーがここを拠点にしようとバチバチ火花を散らすことになるのが辛いところ。


効率や可能性を求めるのであれば角の根元を狙うのはセオリーです。

しかし、レッドオーシャン(競争率が高い)となり、火属性が有利となりがちなのではないでしょうか?(私は実践が浅いので飽くまでも予想です)


狙い目は角の土地?

侵略を得意としないブックでは、角の根元を狙うのは少し厳しめ…

であれば速やかに且つ積極的に角の先を占領していくのが良いでしょう。


そして、ポイントは領地レベルは逆側の角の領地よりも低めにしておくことです。


例えば…

スクリーンショット 2016-08-03 22.34.02

あなたは左矢印の位置からNゲートを目指しています。

G1のゲートに行く場合はレベル3とレベル4の敵領地があり、A7のゲートに行く場合はレベル1とレベル3の敵領地がある…

あなたはどちらのNゲートを取りに行きますか?


恐らく、A7のゲートが取りたくなってしまうでしょう。

ましてやダイスで4が出てしまったら…G3の領地を奪えない状況であればE7に入らざるを得ません。

そうした時に水領地を持つ敵が領地レベルアップしてきたら…

スクリーンショット 2016-08-03 22.42.21

Oh…ハメられました。


直線で行き止まりがないのであればダイス2、3でドボンというところですが、折り返し地点なのでダイスは2、3、5、6の4パターンでアウト。

一度入ってしまえば通常の直線よりも大幅にドボン率が上がるわけですね。

しかも通常のマスよりも通行料が高め…


まぁ、アッサリ通過される可能性も十分にあるのですが、通行料を取るためには有効な作戦なのではないかと思っています。

ホリワやブラックアウトをさせないためにミスティワールドを使うのも良いでしょう。

  1. 角の領地(なるべく奥側)を占領する。
  2. 逆側の角より領地レベルを低めにして敵を引きつける。
  3. 入ってきたところで領地レベルを上げる。

角の根元より競争率が低めな点がポイントです。

ロングホーンは先日1戦しかできなかったので確証はありませんが、積極的に角の領地を狙っている人は少ないように見えました。


最後に

飽くまでも私個人の見解なので役に立たない内容だったかもしれませんが、何かしらのヒントになればと思います。

客観的な意見を求めるのであれば2chやwikiなどを見るのが良いでしょう。


ただ、少しでも面白い意見だなーと思ったら、是非シェアしたりブックマークしていってくださいね。

せばすんが超絶喜びます。(コアなゲームだからか、当サイトはリピーターが多いです。嬉しいことです)


はい、以上でロングホーンの解説を終わります。

いつも読んでいただきありがとうございます。

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です