カルドセプトリボルト「ソウルレイ」【カード紹介】

カルドセプトリボルトの「ソウルレイ」についてカード紹介をします。

カード集めがつらい…せばすんです。


あなたはもう全てのカードを集められましたか?

私の方は1枚も手に入っていないカードが3枚あるんですけど、なかなか手に入らなくて困ってたりします。


あと、4枚揃っていてほしいカードも幾つかあって、現在はそちらを優先して集めています。

4枚揃ってほしいカードは以下の通り。

1位:メタルフォーム:シーフブックのため(あと3枚)
2位:シーボンズ:防具なしのブックをやってみたい(あと3枚)
3位:ジャッカローブ:地走りの汎用ブックを組みたい(あと3枚)



レア度Sのジャッカローブが集めやすいと思って地属性パックを開けてるんですけど7連敗くらいしてます。


とまぁ雑談はこれくらいにして…今回ご紹介するカードはソウルレイです。

「ソウルレイ」のカード性能

名前:ソウルレイ
種別:巻物
レア度:S
コスト:70
効果:巻物攻撃[ST=30];復帰[手札]


「ソウルレイ」の説明

ソウルレイはまるで巻物版のブーメランで、使用したあとは手札に帰ってきます。

いつでも手札に巻物がある状態を作れるので、HP30以下のクリーチャーをばら撒くようなブックには嫌な存在です。

使いどころが難しい?

連続使用できることを考えると不屈のクリーチャーを利用したくなります。


特に不屈と再生を併せ持つヒーラーでコンボが成立します。

隣のクリーチャーに毎回ソウルレイをチラつかせてアイテムを使わせていったり…

時にはブラフを含めて…


ただ、ソウルレイの弱点としてコストが高いことが挙げられます。

2発撃ちこむにはG140を使いますし、交換される可能性や周回回復で3発撃つことを余儀なくされたり…

そこまでしてソウルレイ使う意味があるのか、疑問が残ります。


何度も攻め込んでチマチマ崩していくより、他の巻物と強打を重ねて一発で奪いに行く方が有効な場合が多いでしょう。

もし連続侵略するならライフフォースと組み合わせると良いかもしれませんね。

シャッター一枚でお釈迦

ソウルレイ1枚が再利用可能だからといって頼りすぎるとシャッター一枚で状況が一変します。

かといって何枚も入れたくはない…(入れたとしても2枚まででしょう)


そう考えるとやはり別の巻物を使いたくなってしまいます。


ソウルレイはカルドセプトサーガにも登場した巻物ですが、やはり使いどころに困るカードでした。

最後に

なぜ今回このカードを紹介したのかというと、巻物の存在意義について考え直すためです。


巻物は地形効果と通常攻撃無効化を受けずに攻撃できるのが利点です。


領地レベルを高額まで引き上げるクリーチャーのほとんどはHP50以上。

高額領地に対して一発逆転を狙うのであればソウルレイ以外の巻物で50ダメージ以上を取るしかありません。

HP60のクリーチャーも多いことを考えるとネクロプラズマもイマイチです。


よって、巻物で高額領地略奪を狙うのであれば、最大値60に到達できる巻物がおすすめという結論です。


わざわざ高いコストをかけてソウルレイを使うくらいなら別の武器を持った方が良いでしょう。



んー、伝わっただろうか…

もし、ソウルレイの強い使い方を見つけた方は問い合わせから連絡くださいねー。

では、また次回!

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク