カルドセプトリボルト「バーナックル」【カード紹介】

カルドセプトリボルトの「バーナックル」についてカード紹介をします。

今日はバーベキューしてきました、せばすんです。


昼から酒呑んだ後にみんなでリレー走して野球してサッカーして…

地獄のサッカーが終わって水が飲みたくて…クーラーボックスの中身を見るとウィスキーと日本酒のデカいボトルが入っていました。

普通に死ぬかと思いましたよ…


というわけで、今回はバーナックルの紹介です。

「バーナックル」のカード性能

名前:バーナックル
属性:火
レア度:N
コスト:70
ST:30
HP:60
配置制限:風
アイテム制限:巻物
特殊能力:防御型;秘術[G50・対象クリーチャーに呪い”通行料1/2”をつける]


「バーナックル」の説明

配置制限、アイテム制限、防御型とマイナス面が多いにもかかわらずコストG70とそこそこコストのかかるクリーチャー。

それだけに他の能力がハイパフォーマンスです。


安定感抜群のHPと秘術

通行料を1/2にする秘術を持ち、リスクをある程度抑えることができます。

レベル5を踏むと逆転は難しくなる額をとられることには変わりありませんが、レベル4土地を踏んだ際に半分のゲインで済むのはとても心強いです。


そんなリスク管理をしながらも、HP60もあり安定感抜群です。

スクリーマーが似たように敵に呪いをかけてあげることができますが、HP40と不安定。(その分、秘術の能力は強力です)


防具が使えるので拠点としても十分役割を果たせますし、数回攻撃して壊そうという気にもなかなかならないのが利点です。


火属性の防衛クリーチャー

火属性には珍しいHP60以上のクリーチャーです。

かつ秘術持ちのバーナックルがコスト70で出せてしまうのはかなり強いですよね。


バーナックルの秘術で呪いをかけて、エグザイルでクリーチャーをどかして、バードメイデンで奪っていくなんてコンボもできるかもしれません。

攻撃色の強い火属性でもトリッキーな戦略が考えられますね。


レア度が実は”N”

レア度がNなのでウェイストワールド状態に強いです。


また、火地ブック複合でブックを構築した場合に、防御用の援護クリーチャーとしても活躍できます。

レア度Nなのでグレムリンアイが怖くないのも利点です。


このパフォーマンスでなんでレア度Nなんですかね、いい加減にしてください(笑)

最後に

何度見ても火属性は強いですね(笑)


バーナックルは防御型なのでバタリングラムに気をつけなければなりませんが、バタリングラムはコカトリスブックくらいしか見たことがないのが正直なところ。

うむ、やはり安定の強カードといったところでしょうか。


ST40でいいからHP50ぐらいの方が火属性らしくて良かったのになぁ…

また今度火属性でブック組むときに使ってみようと思います。


では、また次回です!

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク