カルドセプトリボルト「クロックアウル」【カード紹介】

カルドセプトリボルトの「クロックアウル」についてカード紹介をします。

ポケモンサンムーンでナッシーが大変なことになってることに今更気づいたせばすんです。


ポケモンサンムーン出るまでにカルドセプト満喫しないとなー…

と思いつつ動画見ながらGP稼ぎしてたら…



これのナッシーを見て驚愕しました(笑)


最初は首が伸びたのに「!?」ってなってたんですけど、もっと注目すべきは尻尾ですね。

尻尾の先っちょに付いてる顔…あれクチパッチですよね(笑)

img_1
blogs.yahoo.co.jp

まぁまぁ、ナッシーも気になりますが個人的にはサンドパンの新フォルムも期待しています。

サンドパンかわいいから好きなんですけど、過去のシリーズで使える機会がなかったので…


さてさて、今はとりあえずカルドセプトリボルトです。

今回はクロックアウルの紹介です。

「クロックアウル」のカード性能

名前:クロックアウル
属性:無
レア度:S
コスト:10
ST:20
HP:20
配置制限:なし
アイテム制限:武器
特殊能力:秘術[G40・対象セプターは次の移動時、選んだ方向に進める]


「クロックアウル」の説明

クロックアウルは方向転換の秘術を使える便利なクリーチャーです。

どう守って、いつ秘術を使うかがプレイヤーの実力の見せどころです。

前作との違い

けど、前作までは方向転換が領地能力(領地レベルアップができるタイミングで使える能力)だったため使いにくかったのですが、今作ではターン開始時に使用できる秘術なので格段に使いやすくなりました。

あと、常時リベレーションである点もかなり追い風です。


地味に基本能力も修正されており、特に防具が使えるようになったのが大きな修正点です。

前作のクロックアウル:ST0,HP30,アイテム制限:武器、防具


HPが20に下がったのはかなり残念ポイント。

使いどころ

まず、クロックアウルがいるだけで高額領地を踏む可能性が格段に減ります。

ゲート一周するたびに1度だけ方向転換ができる保険がかけれるのは秀逸ですね。


また、ゲートを一周した直後に方向転換すると周回ペースが上がります。

とにかく脆い

元のステータスが低く地形効果も受けられないので、召喚したところを不屈クリーチャーで一瞬で消されることもしばしば。

HPが20なのでエキノダームやマッドハーレクインにすら一撃で潰されてしまうのは辛いところです。


また、マジックボルト…は使ってる人があまりいないと思うのでいいのですが、デビリティやエレメンタルラスで落ちてしまう点は痛いところです。


無理に守ろうとせず、「生き残っていればラッキー」程度で使うと良いかもしれません。

敵に焼きブックがいなければピースで守るのも良いでしょう。(私がよくやります)

最後に

前作に崩されることが多くなったクリーチャーですが、汎用性も上がったカードです。

ちゃんと守ることができればリスク管理ができるのでオススメです。


ポケモンサンムーンでも御三家がフクロウみたいなのがいますよね。

うーん、どれにするか迷うところです。


では、また次回です!

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です