カルドセプトリボルト「ミストウィング」【カード紹介】

カルドセプトリボルトの「ミストウィング」についてカード紹介をします。

指を蚊に刺されて辛い今日この頃、せばすんです。


指を指されると掻いても掻いても満足できないんですよね。

昔から蚊には刺されやすい体質で、幼稚園の頃にお泊まり会で1人だけ18箇所刺された伝説を持っています。

夏フェスだとか夏祭りの季節ですが、虫除けスプレーはお忘れなく!


というわけで、今回ご紹介するのはミストウィングです。

「ミストウィング」のカード性能

名前:ミストウィング
属性:水
レア度:N
コスト:70
ST:30
HP:40
配置制限:地
アイテム制限:巻物
特殊能力:無効化[火風];秘術[G30・”アクアホーン”に変身]


同時にアクアホーンも紹介します。

名前:アクアホーン
属性:水
レア度:N
コスト:70
ST:50
HP:30
配置制限:火
アイテム制限:巻物
特殊能力:無効化[水地];秘術[G30・”ミストウィング”に変身]


「ミストウィング」の説明

水属性の特徴である「無効化」能力を持つ良クリーチャーです。

HPも40と安定しており、何より無効化の対象が攻撃力の高い火風であることが強みです。


利便性がネック

秘術でアクアホーンに変身できます。

ミストウィングは火風を無効化、アクアホーンは水地を無効化。

状況によって使い分けることが可能で、ターンは消費するものの柔軟な対応ができるのが利点です。


無効化の天敵であるナパームアローを避けるためにファットボディを使用すると強固な拠点となります。


ただ、ここで秘術が邪魔をすることも…

相手にテンプテーションを使われると、育てた能力も同時に元に戻ってしまうんですね。

マジックシェルターでうまく防いでいきたいところです。


G・イールとの差

G・イールも優秀なカードですが、領地コストがかかってしまう分序盤の展開が遅れるリスクがあります。

また、今作異常なまでに侵略力のある火属性を無効化できない点が大きな違いとなっています。


ただし、秘術による変身が足を引っ張ることがないので、前作に続き安定感は抜群です。

どちらもレア度Nとは思えない性能ですね。


また、HP40と50の差は大きいです。

シャイニングガイザー、ナパームアローがその境界の重要さを表す最もな要因と言えるでしょう。


最後に

アクアホーンの攻撃力について言及し忘れていましたが、水を無効化しつつ攻め続けられる点は同族対決になったときに役に立つかもしれませんね。

チクチクしてるアクアホーンを想像すると、なんかとっても可愛いですね(笑)


ムラサメやナパームアローの登場で風当たりは強いですが、なんとか保護してあげたいところです。


アクアホーンにも蚊にも刺されないようにお気をつけください。

以上、ミストウィングをご紹介しました!

よろしければシェア、ブックマークをお願いします。

レンクタングル(中)広告
スポンサーリンク